Organized by eyeforpharma
English Version Japanese Version
第5回 Oncology Japan 2014 2014年11月4日(火)- 5日(水)、ヒルトン東京

Oncology Japan 2014ですが、この度開催を中止する決定を致しました

ご登録済みの方で、既にお支払い頂きました参加費については全額返金いたします。

返金に関するお問い合わせは下記までご連絡下さい。
Oncology
登録事務局
oncology-japan@alpha-br.com 
TEL:03-3464-8541

その他、Oncology Japanに関するお問い合わせは、下記担当者までお願い致します。
高瀬 望
ntakase@eyeforpharma.com 
7 - 9 Fashion Street
London E1 6PX
Intl Phone: +44-2074224337

Oncology Japanに関しては、内容を更に精査し改めて来年以降開催を予定しております。

 

Oncology Japan の主な特徴:

  • 医薬品業界のキープレイヤ―による講演
  • 臨床医、がん専門看護師・薬剤師などの実際にがん治療に携わる医療従事者や、政府(厚生労働省)や患者会の方々が最重要課題について議論
  • オンコロジー領域における営業とマーケティングの最新実例をご紹介
  • キープレイヤーとネットワーキングをする機会

ネットワーキングの機会:

  • 日本オンコロジー事業で核となるリーダーの方々と関係を構築する
  • オンコロジーにおける様々な戦略を前進するための新しい・革新的なアイデアを交換しあう
  • エキスパートからオンコロジー領域で有効なインサイトについて話し合う

過去の弊社運営カンファレンスの参加者の声

製薬会社が主体のサミットに参加したのは初めであったが、アカデミック、国、企業との関係を考慮した発表内容は、とても興味深かった。それぞれが抱える問題や解決策の提案などがとても分かりやすく学ぶことが出来た。
Oncology businessについて体系的に理解を深める良い機会でした。
今、臨床現場や製薬メーカーが直面している問題や関心事が良く理解でき、有意義なサミットであった。
オンコロジー領域のトップメーカーが患者さんのために考えていることはもちろん、患者会やアカデミアの先生方の思いも教えていただくことがで き、非常に有意義でした。
他社様の活動状況や、患者さまが望んでおられるものに対する理解が深まり、
日々の業務に活かせるヒントを得たように考えています。

 

問い合わせ先:

<プログラム、講演、ご参加に関するお問い合わせ>

Nozomu Takase
Nozomu Takase
Email: ntakase@eyeforpharma.com

<協賛、出展に関するお問い合わせ>

Kunie Akahoshi
赤星 公仁栄(あかほし くにえ)
Email: kakahoshi@eyeforpharma.com
サポーティングスポンサー
Synix
ナレッジパートナー
cancer-net-japan