Your web browser is out of date! We recommend you update your browser to receive the best possible browsing experience.
席を確保

日本におけるRWEの機会 製薬業界向け無料ウェブセミナー 2017年11月27日(月)17時(日本時間)

最適なデータソースから

新たなインサイトを識別・獲得

新しい法律や制度が成立され、薬価制度の改革に向けて、世界的に技術進歩が進んでいます。患者さんの医薬品に関する意識が高まっている中、日本医薬品業界は大きな課題を抱えていますが、同時に新たな機会を得ることが可能なことも期待されています。

昨年開催したReal World Data Japan 2016以来、製薬企業がリアルワールドエビデンス(RWE)を通じて、アンメットニーズを把握し、製品の開発・改善を実施し、安全性を確保し、国民の健康に「価値」を提供すべきということは、業界の共通認識になりつつあります。

しかし、その実現には様々な課題があります。まず一つは「質」の高いデータソースの見出すことと、その利活用です。

eyeforpharmaはRWE分野のエキスパートを招き、WEBセミナーにてデータソースに関連するの課題を議論します。

取り上げる主な論点:

  • 適切なアプリケーションと分析法を見極めるために、長所と短所を包括的に理解し、重要なデータ/インサイト・ソースを活用する
  • 可能性を知る:データベースを高度に活用し、達成可能なことを学ぶ
  • 障害を克服する:データの信頼性と正確性を確保する方法、及び複数データベースを一つに統合する際のベストプラクティス
*ライブセミナー中、聴講者からスピーカーへ質問する機会も設けます。
 
 

スピーカー

Speaker_Name

青木 事成氏

中外製薬株式会社
安全性リアルワールドデータ
サイエンス部
部長

Speaker_Name

東郷 香苗氏

ファイザー株式会社
医薬開発部門 バイオメトリクス&
データマネージメント臨床統計部
第一統計グループ
グループマネジャー

Akihito Uda

宇田 晃仁氏

武田薬品工業株式会社
メディカルアフェアーズ部
HEORプログラム
課長代理

モデレータ-

清水 央子氏

清水 央子氏

東京大学大学院
薬学系研究科
特任准教授